国内バイナリーオプション業者で安心取引をするのがオススメ

金融庁の新規制対応のバイナリーオプション業者を比較


小さな利幅を取るためIFD注文で指値より逆指値設定値を大きくする

バイナリーオプションでなかなか収入が上がらないという人は、設定している取る値幅を変えてみてはいかがでしょうか。 毎日為替レートを見ていると、日によって本当に動かないなという日と今日は騒がしいなという日が存在していることに気づきます。 けれど私が思うに、本当に動かないなというときでも一日に30pipsはドル円だと動いているなという印象があります。

もしこういう30pipsしか動かない日に100pips取ろうとしていても無理ですし、待機していても無駄な時間を過ごしてしまうことが多いのではないでしょうか。 たくさんの値幅を取ろうという人は、利益確定をできずに結局うまくいかないというパターンに悩まされているかもしれません。 けれどその値幅を一日に動く単位の最低値に設定したらどうでしょう。

例えば30pipsを結果的に動いた日で、20pipsの値幅を取れたのならです。 手数料の分を差し引いてより利益などは少なくなりますが、それでもちゃんと利益確定ができます。 それを毎日繰り返したらどうでしょう。 土日を除く五日で、100pips取れていることになります。 一日に100pips動いた日というのは、指標発表がある週末や週明けなどそうそうあるものではありません。 なので、利益確定までいく可能性を高めることで、しっかり収入につなげていくしたたかさが大切です。

それでは、小さい値幅を取るためにどういうふうな取引方法が向いているでしょうか。 それはもう予約をしてエントリーから決済までを機械任せにしたほうが楽ちんです。 そういうときに、IFO注文がよくて、これはOCO注文とIFD注文を合わせてできるので指値注文や逆指値注文で決済までいけます。 けれど指値注文は小さめに20pipsにしても、逆指値注文は指値注文より先に動かないように指値注文の2倍から3倍にして大きく取っておいたほうがいいかもしれません。 逆指値注文より指値注文が有利に動くようにしておけば、思わぬ変なところで決済されないですむはずです。


バイナリーオプションの説明はこちら 国内バイナリーオプション対応の業者を比較





サイトマップ |  バイナリーオプションのリスクを抑えるためには |  バイナリーオプションを試してみることにしました |  遊びたいならバイナリーオプションがおすすめ |  バイナリーオプションは自信を持って勧めたい投資方法です |  遊び感覚でバイナリーオプションをはじめてみることに |  せっかちな人に適したバイナリーオプション |  バイナリーオプションに出会えて本当に良かった |  バイナリーオプションで儲けることができました |  バイナリーオプションより素晴らしい副業はない |  最近のバイナリーオプションはやりやすい

Copyright(C)2016 国内バイナリーオプション業者で安心取引をするのがオススメ All Rights Reserved.