国内バイナリーオプション業者で安心取引をするのがオススメ

金融庁の新規制対応のバイナリーオプション業者を比較


米雇用統計を受けての豪ドル円と米ドル円の値動き。

7月3日。今日が金曜日ですが、アメリカが本日は祝日であるため、きのうは1日早い米雇用統計の発表となりました。発表前、円売りが進んだ月があります。今回は、円売りは進まず、発表前に若干値を上げました。発表後、豪ドル円は上昇。15PIPS程上昇してから、元の水準に戻りました。米ドル円は、高値から大きく下げました。あれっ?と思いました。米ドル円が下げて、豪ドル円が若干上昇するっていったいどういう結果だったんだろう?そう思いました。

バイナリーオプション相場がはっきり動いたわけではないところを見ると、考えられるのは二通りのパターン。市場の予測通りだったか、市場予測より悪かったのか。どっちかだろうなと思いました。確認してみると、233千人の予測をはるかに下回る223千人という結果になりました。期待していたような結果が得られなかったことが分かると、米ドル円は落胆し、123円割れ手前まで突っ込んだのでありました。確か発表前は、123.70辺りだったと思う。70PIPSばかりの下落を見せて、東京時間からニューヨーク時間が始まるまでの上げをなかったことにしてしまいました。結果が悪ければ、利上げ期待は遠のく形となります。今回のことで、利上げはまだできないだろうと思いました。

発表直後の123円割れを何とか回避した米ドル円でしたが、その5分後に若干123円割れしています。2PIPS程割ってから、123円に再び戻っています。私が見ていたのはそこまでで、あとはお風呂に入って寝ました。起きてから、その後の米ドル円の動きを確認すると、朝9時まで横ばい状態。意地でも123円を割らないよ!と耐えていました。すごい。

10時間以上横たわっている。ほぼ変化がないから人間で言うと寝ている状態。米ドル円もお休みでした。株式市場がオープンして10分ぐらい経つと力尽きて下落しています。122.80まで下落。123円割れしたのは、黒田日銀総裁発言、オバマ大統領の発言。その他に何回もある事なので、特に驚いてはいません。それが122円割れだったら円安が進んで以来初なのでびっくりです。


バイナリーオプションの説明はこちら 国内バイナリーオプション対応の業者を比較





サイトマップ |  バイナリーオプションのリスクを抑えるためには |  バイナリーオプションを試してみることにしました |  遊びたいならバイナリーオプションがおすすめ |  バイナリーオプションは自信を持って勧めたい投資方法です |  遊び感覚でバイナリーオプションをはじめてみることに |  せっかちな人に適したバイナリーオプション |  バイナリーオプションに出会えて本当に良かった |  バイナリーオプションで儲けることができました |  バイナリーオプションより素晴らしい副業はない |  最近のバイナリーオプションはやりやすい

Copyright(C)2016 国内バイナリーオプション業者で安心取引をするのがオススメ All Rights Reserved.