国内バイナリーオプション業者で安心取引をするのがオススメ

金融庁の新規制対応のバイナリーオプション業者を比較


成行注文のあとにOCO注文あるいは初めからIFO注文を多用している

バイナリーオプションの様々な注文パターンを覚えて、実際に使用するためにはその注文パターンがどういうものなのかを事前に把握していないと手は出しにくいものでしょう。 言葉だけからインスピレーションを受けてそのままマーケットで使うのは、やはり不安ですし大胆な行動なのではないでしょうか。

なので、成行注文、ストリーミング注文、マーケット注文、OCO注文、IFD注文、IFO注文がどんなときに使用できて、またどんな注文パターンなのかポイントをあげていきます。 まず成行注文は、リアルタイムトレードなどとも呼ばれて、現在バイナリーオプションの為替相場のチャートを映す画面に表示されている通貨価格で注文を出せるということです。

買い注文と売り注文のどちらにも適用できます。 成行注文を使う場面の例としては、為替チャートを見ていて注文を現在の価格で出したいなと思ったときや、為替チャートの急展開などで決済を今すぐ行いたいときなど、オーソドックスな取引方法です。 また、成行注文のことをストリーミング注文やマーケット注文などという別称で呼ぶともあります。

次にOCO注文ですが、これは二つの注文パターンを合わせて出せるというものです。 現在の通貨価格より高くなったら、また現在の通貨価格より安くなったらと、つまり指値注文と逆指値注文を注文しておいて、為替チャートの状況によりどちらかが実際に施行されるというものです。 なのでこれは、エントリーしたあとの決済時に出しておくと、利益も損益も相場により勝手に確定してくれます。 そしてIFD注文とは、エントリー注文から決済注文までを続けて出してくれる注文パターンです。

これをIFD注文を事前に設定しておけば、為替チャートにエントリーして決済されるまでを一元化して済ませてくれます。 そしてIFO注文とは、IFD注文にOCO注文が混ざったようなもので、決済注文のときをOCO注文のように指値注文または逆指値注文どちらかで行ってくれるので、損切りも事前に設定しておけばかなり便利な注文パターンです。 よく使用するのは成行注文のあとにOCO注文、あるいは初めからIFO注文などが多いです。


バイナリーオプションの説明はこちら 国内バイナリーオプション対応の業者を比較





サイトマップ |  バイナリーオプションのリスクを抑えるためには |  バイナリーオプションを試してみることにしました |  遊びたいならバイナリーオプションがおすすめ |  バイナリーオプションは自信を持って勧めたい投資方法です |  遊び感覚でバイナリーオプションをはじめてみることに |  せっかちな人に適したバイナリーオプション |  バイナリーオプションに出会えて本当に良かった |  バイナリーオプションで儲けることができました |  バイナリーオプションより素晴らしい副業はない |  最近のバイナリーオプションはやりやすい

Copyright(C)2016 国内バイナリーオプション業者で安心取引をするのがオススメ All Rights Reserved.