国内バイナリーオプション業者で安心取引をするのがオススメ

金融庁の新規制対応のバイナリーオプション業者を比較


94円で豪ドル円を売ろうと思ったけど、結局売れなかった

7月3日。東京時間が終了しました。日経平均は、+17円の20539円で引けました。前日比マイナスで寄り付いたスタート時を思うと、よく頑張りました。東京時間午前は、軟調な日経平均を見て、曇りの色を見せていたクロス円ですが、午後から日経平均が回復すると、円売りに発展しました。朝9時頃、日経平均の調子の悪い姿を見て、東京時間は下げるかもしれないし、安値圏でじっとして動かなかもしれないって思いました。

94円に豪ドル円がいたところをみて、上値が重そうだから売りたいと思いました。でも、日経平均が回復したら上に行くかもしれない。よくわからないときにやるべきじゃないと思いました。それから、1時間後、売っていれば正解だったという現実を見ました。発表された中国指標が良くなくて、93.18まで安値を更新しました。ここで勇気を出していれば、確実に50PIPSは取れています。どうして売らなかったのでしょう。

豪ドル円が弱く、バイナリーオプションの相場は上に行きづらい環境であることは数ヶ月前からわかっています。5月に豪州政策金利発表で利下げを発表してから、上昇するものの、押し戻されて結局は発表前の位置に戻ってきています。それからは、日足の94.50のサポートを割ることなくずっとレンジ。1ヶ月以上経った時、早く割ってくれないかと真剣に思いました。待っていたけど、少しの変化も起きない。諦めて待っていたところ、思いもしないところで94.50のサポートを割りました。

ギリシャ問題で下落。そして、発表される中国指標の悪い事。下落に拍車をかけている状況。はっきり言って美味しい状況だと思うのに売らなかった自分が不思議です。どうして売らなかったのか?売らなかったというより、勇気がなくて売れなかったのです。それにより逃したことで、トレードで勝つためには勇気も必要なんだと思いました。これは前から分かっている事だけど、今回のことで再認識しました。勇気を出すって難しいです。そして、損切りもある意味勇気が必要です。自分から逃げない勇気。


バイナリーオプションの説明はこちら 国内バイナリーオプション対応の業者を比較





サイトマップ |  バイナリーオプションのリスクを抑えるためには |  バイナリーオプションを試してみることにしました |  遊びたいならバイナリーオプションがおすすめ |  バイナリーオプションは自信を持って勧めたい投資方法です |  遊び感覚でバイナリーオプションをはじめてみることに |  せっかちな人に適したバイナリーオプション |  バイナリーオプションに出会えて本当に良かった |  バイナリーオプションで儲けることができました |  バイナリーオプションより素晴らしい副業はない |  最近のバイナリーオプションはやりやすい

Copyright(C)2016 国内バイナリーオプション業者で安心取引をするのがオススメ All Rights Reserved.